ビジネスパーソンのためのプロの不動産投資術 by 外資系400億円ファンドマネージャー

収入が少なければまずは●●してください

収入が少なければまずは●●してください

不動産投資アドバイザーの小原(こはら)です。 不動産投資をしたいと思う人はなんらか今の収入に不満や不安があるからするわけですが、一方で収入が少ないと不動産投資ができないというジレンマが生じます。 もちろん中には200万円代や300万円代の年収でも不動産投資で成功している人はいます。 ただそ...

決断できない人は何もできません

決断できない人は何もできません

不動産投資アドバイザーの小原(こはら)です。 不動産投資は半端に足を突っ込むとカモにされます。あなたの無知につけ込んでロクでもない物件を売りつけて儲けようという輩がいるからです。だからある程度のリテラシーを身につけてから取り組むべきです。 ただ、いつまでも勉強ばかりしているのも考えものです。そういう...

スモールビジネスのオーナーになろう

スモールビジネスのオーナーになろう

不動産投資アドバイザーの小原(こはら)です。 終身雇用で雇用の安定に問題がなくかつ年功序列の定期昇給で給料が自動的に上がっていくなら、サラリーマンはアリ。リスクリターンが見合ってる。安定に見合うそこそこのリターン。そこそこの生活ができて将来も安泰。 あなたが今そうならそれは幸せなことだ。 ...

プロフィール



名前:小原 正徳

大手外資系金融機関で年間3,000億円規模の不動産取引関連業務を行い、400億円のファンドを運用する不動産ファンドマネージャー。

個人投資家としても、プロとしての投資判断を活かして、わずか3ヶ月で2億円の不動産を取得。

不動産投資本を何冊読んでも得ることのできない、プロの世界で経験的に受け継がれてきたノウハウを個人でも利用できるようにすることを目指している。

不動産鑑定士
東京大学文学部思想文化学科卒(倫理学専攻)

→詳しくはこちら

最近のコメント

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

Return Top