ビジネスパーソンのためのプロの不動産投資術 by 外資系400億円ファンドマネージャー

それでは十中八九失敗します。

それでは十中八九失敗します。

「不動産投資なんて簡単ですよ。  やろうと思ったらすぐできる。  でも、だからヤバいってこともある。  意味わからないですかね。笑  明日のメルマガのネタは このテーマで行こうと思います。」昨日Facebookにこんな投稿をしました。そうしたらいろんな方から反響があって、メルマガの登録も増えました。意味深なんで、やっぱ...

ゴールは本当にそっちであってますか?

ゴールは本当にそっちであってますか?

ゴールの方向と距離を知ってて走るのと、知らずに走るのとでは、今出せる馬力が全然違うと思うんですよね。ゴールラインが見えている100m走だったら全力で走れますよね。かたや、真っ暗闇のなかで、ゴールがどっちにあって、どれくらい走ればいいかわからない。そんなの、どっちに走り出したらいいのかわからないし、どんなペースで走ればい...

立地条件によって利回りが異なる理由、その2

立地条件によって利回りが異なる理由、その2

駅近で便利な物件と、駅から遠くて不便な物件。 利回りが高いのはどちらか。 それは後者。なぜなら、売買市場の需要が少ないから。でもそれだけじゃありません。というお話を昨日しました。 だいぶマニアックになってきたので簡単に済ませます。 駅から遠い不便な物件の利回りが高い理由。それは、減価償却費負担が重いからです。 ??? ...

立地条件によって利回りが異なる理由

立地条件によって利回りが異なる理由

駅近で便利な物件と、駅から遠くて不便な物件。 利回りが高いのはどちらか。 それは後者です。  利回りが高い、ということは、価格が安いということです。 利回りが低いというのは、価格が高いということ。  ではなぜ、駅近で便利な物件の方が利回りが低く、つまり価格が高くなるのか。 それは、欲しい人が多いからです。 欲しい人が多...

プロフィール



名前:小原 正徳

大手外資系金融機関で年間3,000億円規模の不動産取引関連業務を行い、400億円のファンドを運用する不動産ファンドマネージャー。

個人投資家としても、プロとしての投資判断を活かして、わずか3ヶ月で2億円の不動産を取得。

不動産投資本を何冊読んでも得ることのできない、プロの世界で経験的に受け継がれてきたノウハウを個人でも利用できるようにすることを目指している。

不動産鑑定士
東京大学文学部思想文化学科卒(倫理学専攻)

→詳しくはこちら

最近のコメント

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

Return Top