ビジネスパーソンのためのプロの不動産投資術 by 外資系400億円ファンドマネージャー

情報は不均等

情報は不均等

おはようございます!小原です。さてさてそろそろ通常配信に戻らねばです。今日はLINEとFacebookメッセンジャーを使って仕事をしてました。片や海外の富裕層をお客さんに持って物件売却を依頼されたものの、どうしたものかと考えている業者さん。片や仕入れ物件の品薄状態に悩む買取再販業者さん。得意の多正面同時攻撃です。笑彼ら...

遠隔地の空室の埋め方

遠隔地の空室の埋め方

おはようございます!小原です。昨日は午前午後とお二方の個別コンサルを実施しました。 普段はやってないんですが、いろんなものの特典でつけたりしてます。今回は、The Mail Magazineの先着特典とコミュニティの先行購入者特典の方でした。  その中でお伝えした遠隔地の空室をどうやって埋めるか、というお話をこちらでも...

例のアレを仕込み中です。

例のアレを仕込み中です。

おはようございます!小原です。昨日は日刊メルマガをお休みしてしまいました。すいません!  というのも、実は例のアレの準備が佳境でして。不動産投資のコミュニティです。  準備を進めるうちに、あれもこれも盛り込もうと色々と戦線を拡大しております。ご期待くださいませ。 コミュニティの準備をする中で改めて思うのは、投資って孤独...

日銀レポートの結論

日銀レポートの結論

おはようございます!小原です。今日もこちらのレポートから。 日本銀行レポート「地域金融機関の貸家業向け貸出と与信管理の課題」http://www.boj.or.jp/research/brp/fsr/data/fsrb160324.pdf   これから当局が金融機関をモニタリングする際に注視するポイントが3つ書かれてい...

レポートを読んだフィードバックを

レポートを読んだフィードバックを

おはようございます!小原です。昨日ご紹介したこちらのレポート。日本銀行レポート「地域金融機関の貸家業向け貸出と与信管理の課題」http://www.boj.or.jp/research/brp/fsr/data/fsrb160324.pdf 実は私の不動産投資コミュニティが密かに限定メンバーでスタートしてまして、さっそ...

銀行が何を見てくるか

銀行が何を見てくるか

おはようございます!小原です。銀行が融資する際、何を見てくるか。この融資基準がわかれば、物件探しで優位に立てます。 つまり、その基準に合う物件を探せばいいわけです。 あるいは、銀行が木にするポイントについてしっかり資料を整える。  各銀行はそれぞれ行内の融資基準をもっているわけですが、その融資基準は一般的に開示されませ...

大家と管理会社の関係

大家と管理会社の関係

おはようございます!小原です。所有している物件で退去がありました。悲しいお知らせではありますが、所有戸数が多ければ入居者の入れ替えは日常茶飯事です。 なので一喜一憂せず粛々とダウンタイムを可能な限り短くして埋め戻せばいいんです。  ここで大事になるのが管理会社の働きです。もっといえば、管理会社の担当者の動きです。 ここ...

某メガバンク融資担当者と密会

某メガバンク融資担当者と密会

おはようございます!小原です。今日は某メガバンクの融資担当者がわざわざ私のところまで来てくれました。 ある商品の説明という名目だったのですが、話題の9割は不動産投資への融資基準について。  もちろん銀行では口外厳禁のトップシークレットです。融資基準を逆手にとって悪用されないようにするためです。 でもこういう極秘情報を聞...

プロフィール



名前:小原 正徳

大手外資系金融機関で年間3,000億円規模の不動産取引関連業務を行い、400億円のファンドを運用する不動産ファンドマネージャー。

個人投資家としても、プロとしての投資判断を活かして、わずか3ヶ月で2億円の不動産を取得。

不動産投資本を何冊読んでも得ることのできない、プロの世界で経験的に受け継がれてきたノウハウを個人でも利用できるようにすることを目指している。

不動産鑑定士
東京大学文学部思想文化学科卒(倫理学専攻)

→詳しくはこちら

最近のコメント

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

Return Top