ビジネスパーソンのためのプロの不動産投資術 by 外資系400億円ファンドマネージャー

丸の内オフィスの空室率が1%割れ by CBRE

丸の内オフィスの空室率が1%割れ by CBRE

7年ぶり、というと2008年、 ちょうどリーマンショックで マーケットが崩れる前の水準にまで 空室率が下がったということですね。  空室率1%というのは、異常です。 仮にオフィスの平均入居期間が 5年だったとします。 60ヶ月ですね。 この場合、空室率が1%というのは、 空室が0.6ヶ月で埋まる、 ということを意味しま...

第4クォーターもウン百億買います。

第4クォーターもウン百億買います。

2015年のラストクォーターが始まりました。 ラストスパートの準備はできてます? ここから年末まで、オチオチしてると早いですよ。  私からもあなたに近々チャンスボールを投げます。 ちゃんと構えといてくださいね。 チャンスボールはメルマガで投げます。  さてファンドの物件取得の方は まだまだ激戦が続いている感じです。 株...

これとこれをくっつけたら百億動かせるかも??

これとこれをくっつけたら百億動かせるかも??

今日は若き起業家をお誘いして 食事に行きました。  そこでちょっと衝撃的な事態が 判明してしまいました。  彼の持っているピースと、 私の持っているピースを 組み合せれば、 ひょっとしたら百億クラスの 案件を動かせるかもしれない、 ということがわかってしまいました。  もしうまくいったらこのタッグは けっこう業界の話題...

不動産ファンドマネージャーの非常識な稼ぎ方

不動産ファンドマネージャーの非常識な稼ぎ方

さあ、どうなった??? 月末の今日がデッドラインだった 不動産の2案件。  いやー、どっちもラスト3日で めっちゃくちゃ激動しました。。。   共通しているのは、 どちらも普通じゃないスキームを 駆使しているところ。  コモデティ化したものを 普通に取引したんじゃ たいして儲からないわけ。  普通に考えたら無理な案件を...

プロフィール



名前:小原 正徳

大手外資系金融機関で年間3,000億円規模の不動産取引関連業務を行い、400億円のファンドを運用する不動産ファンドマネージャー。

個人投資家としても、プロとしての投資判断を活かして、わずか3ヶ月で2億円の不動産を取得。

不動産投資本を何冊読んでも得ることのできない、プロの世界で経験的に受け継がれてきたノウハウを個人でも利用できるようにすることを目指している。

不動産鑑定士
東京大学文学部思想文化学科卒(倫理学専攻)

→詳しくはこちら

最近のコメント

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

Return Top