ビジネスパーソンのためのプロの不動産投資術 by 外資系400億円ファンドマネージャー

個人が稼げると時代が変わる

個人が稼げると時代が変わる

先日、この下半期の自分の活動報告を発表する場をいただいて、数十人の前でお話しさせていただきました。 そのときは、私がどんなビジネスをやってきたか、ということを中心にお話ししました。 いずれその発表は公開されると思います。  その発表の最後に、個人が稼げるようになれば社会が変わる、というようなことをお話ししました。 今日...

東京の不動産好景気は世界一

東京の不動産好景気は世界一

今、東京の不動産市場は世界一好況。 日本で最も権威ある不動産の調査機関である「日本不動産研究所」が、このことを裏付けるレポートを公表しました。 第 5 回「国際不動産価格賃料指数」(2015 年 10 月現在)の調査結果 これによると、東京のオフィスビルの価格の変動率は、半年前との比較で+5.8%。 賃料の変動率は同+...

不動産投資で自立する

不動産投資で自立する

不動産投資をしたい。あなたもそう思っているから私のメールを読んでいただいているんですよね?ではなぜあなたは不動産投資をしたいと思っているのでしょう。不動産投資で副収入を得たいからですよね。ではなぜ副収入がほしいのでしょうか。それは様々だと思うのですが、抽象的に言えば、自立したいから、ということだと思うんですよね。自立。...

クライアントである投資家に最高の提案をするために

クライアントである投資家に最高の提案をするために

この二日間は、クライアントへの提案書をギリギリと夜中まで作っていました。 二人で作ってたんですが、まあそれにしても2日でパワポ50ページって!  そりゃね、今回も数百億の案件ができるかどうか、っていうところなので、もう全力投球ですよ。  私の役割は、主に数字周りのデータを作成することでした。  価格の評価を作成したり ...

情報が命、だけど、、、

情報が命、だけど、、、

情報力が大事、って話を何度かしました。いくつかありましたが、この辺の記事とか。いい投資をするには、いい物件の情報を手に入れないといけない。つまり、情報が命ということ。ファンドの物件取得でも、物件売却の情報をもらうこと自体がめちゃくちゃ重要な仕事なんです。ただですよ、ここでもう一つ大事なことがあります。物件の情報をもらっ...

「融資の引き締めが始まる」ということの本当の意味

「融資の引き締めが始まる」ということの本当の意味

「不動産向け融資、バブル期並み=金融庁、地銀の監視強化」 数日前、こんなタイトルのニュースが流れました。  これを見た不動産投資家の間では、これまで融資が出やすかった金融機関でも、ついに融資の引き締めが始まるのではないか?と話題になっています。 これを受けて、不動産投資界隈で発信される論調は概ね以下のような感じです。 ...

人から情報をもらう力

人から情報をもらう力

物件価格が高騰している中でいい物件の情報を集める力。このうち、自分で情報を集める力について、以前お話ししましたね。覚えてます?こちらの記事です。もう一つ、人から情報をもらう力、というのも重要です。いい情報っていうのは概して表に出てこないわけですよ。上流の方で消化されちゃう。その上流の情報をいかにしてつかむか。これは情報...

軍艦ビルってご存知ですか?

軍艦ビルってご存知ですか?

軍艦ビルってご存知ですか? 写真のビルです。  本当は芝パークビルっていうんですが、見た目がこんな感じなので「軍艦ビル」という愛称で呼ばれてます。  このビルが今売りに出てるんですが、その価格が1600億円。 利回りでいうとネット利回りで2.2%って・・・  そりゃいくらなんでも、って感じです。  丸の内のビルだってそ...

プロフィール



名前:小原 正徳

大手外資系金融機関で年間3,000億円規模の不動産取引関連業務を行い、400億円のファンドを運用する不動産ファンドマネージャー。

個人投資家としても、プロとしての投資判断を活かして、わずか3ヶ月で2億円の不動産を取得。

不動産投資本を何冊読んでも得ることのできない、プロの世界で経験的に受け継がれてきたノウハウを個人でも利用できるようにすることを目指している。

不動産鑑定士
東京大学文学部思想文化学科卒(倫理学専攻)

→詳しくはこちら

最近のコメント

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

Return Top