ビジネスパーソンのためのプロの不動産投資術 by 外資系400億円ファンドマネージャー

世界同時株安で不動産市場はどうなる?

世界同時株安で不動産市場はどうなる?

来週はとあるアジアの国の複数の大規模な基金にファンドを売り込みに行きます。いままさに事前準備でひっくり返りそうな忙しさですが、目的地は見えているので突っ走ります!世間は世界同時株安と円高で騒がれていますが、これが不動産に吉と出るか凶と出るか?前回の金融危機のときは、ファンドがハイレバレッジをかけていて、リファイナンスで...

利回り10%でも逆ザヤ?!不動産投資の失敗ケーススタディ

利回り10%でも逆ザヤ?!不動産投資の失敗ケーススタディ

表面利回り10%くらいの中古物件をフルローンで買う。いま最もポピュラーな不動産投資の手法の一つですね。では何を根拠にこの投資が儲かると言えるのでしょうか。仲介業者さんが出してきた収支表。「各種費用を見込んで、返済を考慮しても、手元にこれだけ残ります。」「すばらしい!ぜひ買います!」あとは銀行に融資を持ち込んで、承認が出...

騙されてます。そんなの知ってるよ、というあなたも。

騙されてます。そんなの知ってるよ、というあなたも。

サラリーマンの方で年収が700万円以上ある方は、今すぐにでも収益物件を買うことが可能です。そういう方に融資する銀行があるからです。仲介業者さんに物件を紹介してもらって、仲介業者さんのアレンジで銀行の融資が出る。これだけで物件を買うことができます。ここまでであなたのやることは、年収と手持ち資金のエビデンスを出すことだけで...

不動産の利回りが過去最低を更新中です。

不動産の利回りが過去最低を更新中です。

いやー高いなー高い! 物件の価格です。乾いた雑巾を絞るように知恵を絞らないと物件が買えない状況が続いています。それもそのはず、不動産の利回りが過去最低を更新しているとのこと。オフィスも賃貸マンションも、リーマンショック前のファンドバブルの当時の利回りを下回る水準になってきています。都内の賃貸マンションのNOI利回りは4...

不動産投資だけじゃない不動産で稼ぐ方法

不動産投資だけじゃない不動産で稼ぐ方法

休日の午前中からアポイント連続3件。いずれも不動産業者さんでして、全部違うプロジェクトで、私自身の稼ぎ方も、業者さんの稼ぎ方もいろいろなんですが、それぞれ実を結ぶよう全力を尽くします。私自身、サラリーマンとして不動産業界でもいくつかの業種を経験していますが、不動産業での稼ぎ方は実はけっこういろいろあります。不動産業での...

ファンドの発想で不動産投資の費用を考えてみる

ファンドの発想で不動産投資の費用を考えてみる

今日はFacebookで知り合った方にご紹介いただいて、不動産ビジネスで成功されている方にお会いさせていただきました。バッチリとファンドへの売却物件のご紹介をお願いするとともに、自分の不動産投資に関してもアドバイスいただきました。公私混同万歳!笑その際、その方の不動産にまつわる波乱万丈の人生を聞かせていただきました。そ...

空室率が5%を切ると何が起きるかご存知ですか?

空室率が5%を切ると何が起きるかご存知ですか?

今日は、つい先月知り合ってその日に朝まで飲んでもらった方に、会員制のバーに誘っていただきました。繁華街から一本入った突き当たりの、さっぱりとしたビル。店らしき入り口もなく、セキュリティーのかかった鉄扉の奥。通された席は、ヒグマみたいに大きな革製のソファーに、エルメスの皿とヴィトンの箸。そんな中で話していたのは、8割が下...

私と会っていただけませんか?

私と会っていただけませんか?

お盆前でディールが凪いでます。笑本業のファンドの話ですが、4月から6月にかけてはディールの嵐で、上司と二人で何十件も応札して、同時期に何十ページもある400億ファンドの四半期報告書を作って、他の部署の同僚から「小原さんはいつ死ぬんだろうと思ってました」と言われました。爆でもその甲斐あって、小ぶりではありますが複数件で1...

キャップレート2%!!!

キャップレート2%!!!

ついに丸の内・大手町エリアのSクラスビルのキャップレートが2%台に突入した模様です!(ネットの利回り、つまり支出控除後のネットキャッシュフローに対する利回りです。)いや〜まいっちゃいますほんとに。。。※利回りが下がっている=価格が上がっている、ということです。丸の内・大手町エリアは空室率も1%を下回っていて、毎四半期で...

そんなに借金して大丈夫?

そんなに借金して大丈夫?

不動産投資を始めるハードルの一つに、借金するのが怖い、というものがあります。結論としては、不動産投資のための借金は全然怖くないですよ、ということになるのですが、怖いと感じる理由を検証することでその不安を取り除いてみたいと思います。ちなみに私は、本業のファンドで百億単位の借り入れに日々触れているので、若干ネジが外れていま...

プロフィール



名前:小原 正徳

大手外資系金融機関で年間3,000億円規模の不動産取引関連業務を行い、400億円のファンドを運用する不動産ファンドマネージャー。

個人投資家としても、プロとしての投資判断を活かして、わずか3ヶ月で2億円の不動産を取得。

不動産投資本を何冊読んでも得ることのできない、プロの世界で経験的に受け継がれてきたノウハウを個人でも利用できるようにすることを目指している。

不動産鑑定士
東京大学文学部思想文化学科卒(倫理学専攻)

→詳しくはこちら

最近のコメント

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

Return Top