ビジネスパーソンのためのプロの不動産投資術 by 外資系400億円ファンドマネージャー

不動産の「利回り」はすでに史上最低水準

不動産の「利回り」はすでに史上最低水準

不動産取引に「利回り」という考え方が取り入れられたのは、バブル崩壊後のことです。  それまでは収益性より将来の値上がり期待で不動産が取引されていました。 土地は値下がりしないといういわゆる土地神話ですね。   その後、バブル崩壊とともに土地神話も終焉を迎えます。  そして2000年前後から不動産が証券化されるとともに、...

【 答合せ】空室率0.0%の話(覚えてました?)

【 答合せ】空室率0.0%の話(覚えてました?)

空室率0.0%の話、 答え合わせを忘れてました。笑  こちらの話です。https://www.facebook.com/mskohara/posts/1513428628981134?pnref=story で、空室率0.0%になったのはどんな不動産かというと、       ひっぱりすぎですね。 答えは、物流施設です。...

不動産投資の利回りが低下している時代に重要な「情報力」ってなに?

不動産投資の利回りが低下している時代に重要な「情報力」ってなに?

不動産投資の利回りが低下しています。 つまり物件価格が上昇している。  こういうタイミングで物件を買う際に 大事なことは、 「情報力」と 「個別性の見極め」 だという話をしました。 前回の記事はこちら   「情報力」とは、 良い物件の情報を集める力のことです。  不動産の売買は相対取引です。 相場が全体的に上昇傾向にあ...

利回り低下時代に大事なこと

利回り低下時代に大事なこと

収益物件ポータルサイトの楽待から 利回りに関する統計が発表されました。  一棟マンションの表面利回りの平均が 7%代に低下したとのこと。 最近1ヶ月で登録された物件の 平均利回りが7.99%。  かたや、投資家から問い合わせのあった 物件の平均利回りは9.55%。 すなわちこれが、投資家の期待利回り ということですね。...

出た!驚異の空室率0.0%!!! by 今回もCBRE

出た!驚異の空室率0.0%!!! by 今回もCBRE

いや、こんなことってあるんですね。 瞬間最大風速とはいえ、この数字。 空室率0.0%、つまり、調査時点で 空室が全くないということ。  これ、ある特定のエリアの、 ある特定の種類の不動産の数字です。 どこのなんだかわかります?  わかんないですよね。 私も絶対わかりません。笑  でもまあ、せっかくなので 考えてみてくだ...

プロフィール



名前:小原 正徳

大手外資系金融機関で年間3,000億円規模の不動産取引関連業務を行い、400億円のファンドを運用する不動産ファンドマネージャー。

個人投資家としても、プロとしての投資判断を活かして、わずか3ヶ月で2億円の不動産を取得。

不動産投資本を何冊読んでも得ることのできない、プロの世界で経験的に受け継がれてきたノウハウを個人でも利用できるようにすることを目指している。

不動産鑑定士
東京大学文学部思想文化学科卒(倫理学専攻)

→詳しくはこちら

最近のコメント

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

Return Top