ビジネスパーソンのためのプロの不動産投資術 by 外資系400億円ファンドマネージャー

昨日の記事でもう1点面白いことが

昨日の記事でもう1点面白いことが

今日の話は超マニアックです。笑昨日ご紹介しましたこちらの記事。【売買】銀座で坪2億円超の取引、日本リテールファンドhttp://www.jrf-reit.com/upd/ir_news/pdf/1602241959311874.pdfJ-REITのプレスリリースです。頭痛くなりそうですね。この記事の中に、ファンドの取得...

過去最高、1坪2億越えで取引されました。

過去最高、1坪2億越えで取引されました。

【売買】銀座で坪2億円超の取引、日本リテールファンド[link]http://www.jrf-reit.com/upd/ir_news/pdf/1602241959311874.pdf おそらく過去最高額取引。 バッケンレコード更新ですよ。 しかしまあこれが真っ黒。何が真っ黒かはのちほど。  まず何が過去最高かといいま...

賃料を時間軸で考える

賃料を時間軸で考える

こんな記事を見つけました。賃料が落ちやすいエリアと上がっていくエリアの差とは?!一都三県「賃料下落率ランキング」発表人口が減少する地域の賃料は下落する可能性がある、ということですね。じゃあ下落しないところはどこなの?という感じですが、それは教えてくれてません。。。この記事をみて思ったのは、やっぱり賃料を時間軸で考える必...

賃料は13%の上昇、価格は59%の上昇

賃料は13%の上昇、価格は59%の上昇

なんのことかというと、東京のオフィスビルの話です。 なかでも、Bクラスビルと言われるビルの価格上昇がハンパない。 2013年以降、59%も上がっている。エコノミストリポート:不動産 2016年予測 都心オフィス賃料はまだ上がる 2016年1月12日特大号Bクラスビルというと、100億くらいのビルですね。 J-REITな...

「融資の引き締めが始まる」ということの本当の意味

「融資の引き締めが始まる」ということの本当の意味

「不動産向け融資、バブル期並み=金融庁、地銀の監視強化」 数日前、こんなタイトルのニュースが流れました。  これを見た不動産投資家の間では、これまで融資が出やすかった金融機関でも、ついに融資の引き締めが始まるのではないか?と話題になっています。 これを受けて、不動産投資界隈で発信される論調は概ね以下のような感じです。 ...

軍艦ビルってご存知ですか?

軍艦ビルってご存知ですか?

軍艦ビルってご存知ですか? 写真のビルです。  本当は芝パークビルっていうんですが、見た目がこんな感じなので「軍艦ビル」という愛称で呼ばれてます。  このビルが今売りに出てるんですが、その価格が1600億円。 利回りでいうとネット利回りで2.2%って・・・  そりゃいくらなんでも、って感じです。  丸の内のビルだってそ...

不動産の「利回り」はすでに史上最低水準

不動産の「利回り」はすでに史上最低水準

不動産取引に「利回り」という考え方が取り入れられたのは、バブル崩壊後のことです。  それまでは収益性より将来の値上がり期待で不動産が取引されていました。 土地は値下がりしないといういわゆる土地神話ですね。   その後、バブル崩壊とともに土地神話も終焉を迎えます。  そして2000年前後から不動産が証券化されるとともに、...

【 答合せ】空室率0.0%の話(覚えてました?)

【 答合せ】空室率0.0%の話(覚えてました?)

空室率0.0%の話、 答え合わせを忘れてました。笑  こちらの話です。https://www.facebook.com/mskohara/posts/1513428628981134?pnref=story で、空室率0.0%になったのはどんな不動産かというと、       ひっぱりすぎですね。 答えは、物流施設です。...

利回り低下時代に大事なこと

利回り低下時代に大事なこと

収益物件ポータルサイトの楽待から 利回りに関する統計が発表されました。  一棟マンションの表面利回りの平均が 7%代に低下したとのこと。 最近1ヶ月で登録された物件の 平均利回りが7.99%。  かたや、投資家から問い合わせのあった 物件の平均利回りは9.55%。 すなわちこれが、投資家の期待利回り ということですね。...

出た!驚異の空室率0.0%!!! by 今回もCBRE

出た!驚異の空室率0.0%!!! by 今回もCBRE

いや、こんなことってあるんですね。 瞬間最大風速とはいえ、この数字。 空室率0.0%、つまり、調査時点で 空室が全くないということ。  これ、ある特定のエリアの、 ある特定の種類の不動産の数字です。 どこのなんだかわかります?  わかんないですよね。 私も絶対わかりません。笑  でもまあ、せっかくなので 考えてみてくだ...

プロフィール



名前:小原 正徳

大手外資系金融機関で年間3,000億円規模の不動産取引関連業務を行い、400億円のファンドを運用する不動産ファンドマネージャー。

個人投資家としても、プロとしての投資判断を活かして、わずか3ヶ月で2億円の不動産を取得。

不動産投資本を何冊読んでも得ることのできない、プロの世界で経験的に受け継がれてきたノウハウを個人でも利用できるようにすることを目指している。

不動産鑑定士
東京大学文学部思想文化学科卒(倫理学専攻)

→詳しくはこちら

最近のコメント

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

Return Top